メイク関係の仕事に就きたいなら専門学校に通うのが鉄則

ウーマン
イラスト

学校でしか学べないこと

ファッション専門学校は学校によってカリキュラムは違いますが、デザインやパタンナー、スタイリストのコースはほとんどどこの学校でもあるので大丈夫です。なお学校のことについては、オープンキャンバスに行ってみて直接目でみてくるのが一番です。

勉強する女性

筆記試験と実技試験がある

ヘアメイクには国家資格はありませんが、ヘアメイクに関連した資格としては、日本メイクアップ技能検定試験や、ヘアアレンジ検定などがあります。筆記試験や実技試験が行われ、合格すると技術力の証明になり、就職にも有利です。

ネイル

学校を選ぶときのポイント

ネイルスクールを選ぶときには、カリキュラムの内容や料金の違いを知ることが重要です。プロのネイリストになりたいときと、アルバイトとして仕事をしたい人とでは選び方が変わります。資格を取得できる授業が行われていることや、卒業生の就職実績を確認することがおすすめです。

美容における学習が必要

化粧品

通学期間や学習内容

メイクアップアーティストとして働くために必要となる資格は、特にありません。しかしメイクにおける高い技術や知識は当然求められるので、メイクアップアーティストを目指す人の多くが、美容系の専門学校に通っています。美容系の専門学校は多く、それぞれ通学する期間や学ぶ内容が異なっています。そのため、自分の希望や目的をよく考慮しながら、最も適した専門学校を選ぶ必要があります。たとえば、通学する期間が半年という専門学校の場合、道具の使い方やデザインなどの基本を学ぶことになります。1年制の専門学校では、より高度な技術を身につけることができますし、卒業後にはメイクアップアーティストの即戦力として働くことも可能となります。さらに2年制の専門学校もあり、ここでは美容理論や美容保健など、より専門的な内容を学習することになります。加えてメイクだけでなくヘアカットの技術も会得できますし、最終的には美容師の国家試験も受験できるようになるのです。これに合格し、美容師免許を取得した場合には、美容の技術と知識における社会的な信用を得やすくなります。すると、メイクアップアーティストとしての就職活動が有利になりますし、就職後により多くの活躍の場が与えられる可能性が高くなるのです。また専門学校の中には、就職活動のサポートまでしっかりと行うところもあります。奨学金制度や寮を利用できるところもあるので、そういった部分も比較して、入学先を決めることが大事です。