メイク関係の仕事に就きたいなら専門学校に通うのが鉄則

レディ

筆記試験と実技試験がある

勉強する女性

就職に有利に働く

女優やモデルのメイクアップをするメイクアップアーティストの仕事は、華やかで人気のある職種です。ヘアメイクの国家試験は実地されていないため、基本的にヘアメイクの資格を持たなくても、メイクアップアーティストになることは可能ですが、美容関係の仕事を目指すなら、日本メイクアップ技術検定試験で、1級や2級を取得しておく方が、就職には有利に働くでしょう。メイクアップ関連では、最もメジャーな資格となります。日本メイクアップ技術検定試験は、1級から3級まであり、スキンケア、メイクアップ方法、カウンセリングなど、メイクアップの知識を測る検定試験です。3級は誰でも受けることが可能で、メイクの基本テクニックを実技試験で審査されます。2級は、いくつかの項目をクリアした人のみが受験でき、50分間でスキンケアとフルメイクの実技試験で審査されます。1級は、2級に合格した人の実が受けることができ、より高度な技術が必要とされます。合格者には資格が授与され、技術の高さを証明できます。また、ヘアアレンジ検定は、ヘアアレンジの基本や技術を測る検定試験です。資格を取得すると、ヘアメイクの分野で有利に働きます。筆記試験と実技試験があり、100点満点中80点以上で合格です。このように、ヘアメイクの技術を証明できる資格がいくつかあるので、技術に箔をつけるためにも、取得しておいて損はないでしょう。セミナーなども開催されており、受験に必要な技術が学べるので受講するのがベターです。